65歳未満の妻がいればもらえる「加給年金」

最近では年上の奥さんも珍しくなくなりましたが、年金の世界では年下の奥さんの方が有利になります。しかも年齢差が大きいほど有利です。
夫婦単位で考えてみたとき、サラリーマンで一定の条件を満たす人は、定額部分(または老齢厚生年金)の受給開始と同時に加給年金が上乗せされます。
上乗せされる条件は
1、夫の厚生年金加入期間が20年(40歳以降15年)以上あること
2、妻が65歳未満で年収が850万円未満であること
特別支給の老齢厚生年金の定額部分がもらえる人は、定額部分の支給開始と同時に加算されます。
加給年金と振替加算の関係
例えば、昭和22年4月2日から昭和24年4月1日生まれの男性の場合、特別支給の厚生年金の受給開始年齢は下の図のように、報酬比例部分は60歳、定額部分は64歳からとなりますが、加給年金も定額部分の支給と同時に加算されます。
昭和24年4月2日以降生まれの男性の場合は、基本的に定額部分が支給されないため、65歳の老齢厚生年金の支給開始と同時に加算されます。
ただし、妻が65歳になると妻自身の老齢基礎年金が受けられるようになるため、この段階でストップされ、妻が昭和41年4月1日以前生まれであれば「振替加算」が妻の老齢基礎部分にプラスされます。

加給年金は配偶者を対象とするもののほかに、原則として高校卒業まで(18歳に達する年度の3月末まで、障害のある場合は20歳未満)の子供がいる場合も支給されます。
加給年金額は約23万円となっています。また、夫の生年月日によっては特別加算額が加算されます。特別加算額は下の表の様になっています。
配偶者の加給年金額の特別加算額(平成20年度)
夫の生年月日
加算額
昭和9年4月2日 〜 昭和15年4月1日
33,600円
昭和15年4月2日 〜 昭和16年4月1日
67,300円
昭和16年4月2日 〜 昭和17年4月1日
101,600円
昭和17年4月2日 〜 昭和18年4月1日
134,600円
昭和18年4月2日 〜
168,100円
例えば、夫が昭和23年生まれの場合は、
加給年金額 = 22万7,900円 + 特別加算168,100円 = 396,000円
となります。
また、妻が65歳になると夫の加給年金はストップしますが、妻には振替加算という上乗せが妻の老齢基礎年金にプラスされます。
振替加算額は妻の生年月日によって以下の表の金額になります。
振替加算額(平成20年度)
Ads by Sitemix