遺族年金の裏ワザ

年金分捕りサイト遺族年金の裏ワザ

by広島市ふちがみ労務管理センター

トップペーシ お問い合わせ  5年年金10年年金など  Contents  Contents 

プロフィール



トツプペーシ

お問い合わせ

新法老齢年金の裏ワザ

旧法老齢年金の裏ワザ

障害年金の裏ワザ

遺族年金の裏ワザ


在職老齢年金の裏ワザ


労災年金一時金

社会保険庁や共済年金
との併給調整


労災年金との併給調整

Contents

ヤフーメルマガ
助成金て何なの。


これは新作まぐまぐだよ
なんじゃこりゃ、ノー天気労務士のずっこけ太閤記

今日の一言

20年4月より75歳以上の老人医療費が別立てに。
後期高齢者の医療制度、政府の陰謀はこれだ
事前申請出産の出産育児一時金制度ができました。
19年10月より、失業保険の受給要件が原則6カ月から1年に
20年9月より、厚生年金が上がりました。
19年4月より、雇用保険料下がりました。
19年労災保険から、アスベスト
分保険料徴収に。


お問い合わせ
特定商取引法
会社概要

事務所アクセス
下記地図のとおりです。

ボンバス福島町バス停より徒歩2分 路面電車福島町電停より徒歩10分  JR西広島駅より徒歩15分       広島西郵便局より車で3分

営業エリア
営業エリア
ネット、メール、電話、郵送、宅配便で良いなら、全国対応します。
山陽新幹線の止まるところなら、遠方でも出張します。

基本的には広島県のうち広島市周辺部
広島市、廿日市市、大竹市、岩国市、安芸郡、呉市

東広島市、三原市、尾道市、福山市、岡山市、倉敷市
竹原市、三次市、庄原市、安芸高田市、山県郡、豊田郡、
世羅郡、神石郡など。

◆遺族年金の裏ワザ

基本中の話、旧法の年金はほとんどありません。

昭和61年4月時点で、既に死んだりしていないと無理

しかも、最大でも5年分しかさかのぼり支給はないよ。


最新情報
女房子供のいない、息子の遺族厚生年金はどうなる。

具体的に父母の老齢基礎年金との二階建ての二階となりうるか。

結論なります。

ただし、息子が死んだとき55歳以上の要件で

もちろん納付要件は必要。

1.直前1年間の滞納無し
2.全体の3分の一滞納無し
3.被保険者期間の死亡
4.障害年金もらっていて死んだなと゜。

父母は60歳までは停止され、片方だけ。

65歳から、二階建てになります。

ここから、普通の情報。
1.高額の遺族年金がある、後家さんは、再婚しない。
★再婚したら失権してしまう。内妻にしてしかも、別居なら、まず、見つかることは無いと思う。

※もちろん、自分の国民年金はかける。
勤めて厚生年金に入ると、いくらか自分の厚生年金は減る。
しかし、その間の所得税は減るのだから、損ではない。

★内縁の夫の扶養には、絶対にならない方がいい。
生活費を貰うのはかまわないだろうが。

2.とにかく、夫を厚生年金や共済年金の被保険者でいさせること。
※変な話だが、夫が、被保険者のとき、死ねば年金になるのだ。
うまくいけば、ほとんど保険料を払うことなく、遺族年金になるのだ。

3.失権しても、子供がいれば子供に出る。子を作らないと損。

4.妻が無く、父親国民年金であり、予想される年金が小額の場合、
50歳くらいの母親は離婚してとれるようにしておく手もありそう。
★ただし、国民年金、健康保険の負担は必要である。

5.息子が共済年金の場合、特に4は有効と思われる。

6.自営業の場合、できれば法人化して、厚生年金に入る。
理由は2て゜ある。

7.自営業で、厚生年金や共済年金が取れないとき、
10年以上夫婦であり、
まじめに国民年金を払っていたとすると、
60歳から65歳まで、子供がいなくても、寡婦年金になる。
そののち、自分の国民年金の老齢年金を貰うこと。
★間違っても、自分の年金は繰り上げないこと。
妻の厚生年金の老齢年金の方が、金額が多い場合は、厚生年金をもらってかまわない
ただし、夫の遺族年金はあきらめる。

8.夫が、自営業で3年以上、国民年金保険料を払っていたら、死亡一時金をもらえるので
忘れないこと。

ここから、普通の説明   事例はこちらさらに詳しい事例は

遺族厚生年金

<支給要件>
●短期要件
(1) 被保険者が死亡したとき
(2) 被保険者であった者が資格喪失後に、被保険者期間中に初診日のある傷病によって初診日から5年以内に死亡したとき。
(3) 障害等級1級または2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が死亡したとき。

●長期要件
(4) 老齢厚生年金の受給権者または老齢厚生年金の受給資格期間を満たしているものが死亡したとき。

※ (1)(2)は、保険料納付要件も満たさなければならない。
※ 短期要件と長期要件の両方に該当するときは、遺族が別段の申し出をしない限り、短期要件のみに該当し、長期要件には該当しない。

●保険料納付要件
遺族基礎年金で要求される保険料納付要件と同じ。
<遺族の範囲>
被保険者または被保険者であった者の死亡当時その者によって生計を維持していた次の者

妻:年齢に関係なく支給
夫、父母、祖父母:死亡当時55歳以上であること(支給開始は60歳)
子、孫:
(1)18歳にに達する日以後の者所の3月31日までの間にある子
または、
(2)20歳未満の子であって障害等級の1級または2級の障害の状態にある子
かつ現に婚姻をしていないこと。

●受給順位
第1順位:配偶者と子
第2順位:父母(配偶者も子もいないとき)
第3順位:孫(配偶者も子も父母もいないとき)
第4順位:祖父母(さらに孫もいないとき)
<年金額>
(1) 原則(短期要件の遺族厚生年金)


(2) 特例(長期要件の遺族厚生年金)


※ 100分の7.125は、生年月日に応じて1000分の7.230〜1000分の9.5。

報酬比例部分の給付率が5%引き下げられた結果、年金の額が改正前の計算方法で得た額よりも低くなる場合があります。その場合には、改正前の計算方法で得た額を支給します。

<改正前の計算>
(1) 原則(短期要件の遺族厚生年金)


(2) 特例(長期要件の遺族厚生年金)


※ 100分の7.5は、生年月日に応じて1000分の7.61〜1000分の10
<中高齢の加算>
遺族基礎年金は、子のいない妻には支給されないため、その不均衡を是正するために支給される。

●支給要件
夫の要件
長期要件:被保険者期間が20年以上あること
短期要件:特にない
妻の要件
遺族基礎年金の要件を満たす子がいない場合:夫の死亡当時35歳以上65歳未満であること。
遺族基礎年金の要件を満たす子がいる場合:その子の遺族厚生年金の受給権が消滅したときに35歳以上65歳未満であること。

●支給時期
妻が40歳に達したときから65歳に達するまでの間

●加算額
603,200円(平成12年度価額)
<経過的寡婦加算>
昭和31年4月1日以前に生まれた者は、老齢基礎年金の額が中高齢寡婦加算の加算額に満たない場合が生ずることから、65歳到達の前後における年金額の低下を防止するため、そのものについては65歳以後も一定額が経過的に加算される。

●加算額
中高齢の寡婦加算の額−(老齢基礎年金の額×生年月日に応じた率)
<失権>
遺族厚生年金の受給権は、受給権者が

(1) 死亡したとき
(2) 婚姻したとき
(3) 直系血族及び直系姻族以外の者の養子となったとき
(4) 離縁によって親族関係が終了したとき
<子または孫の場合>
(5) 18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したとき(障害の状態を除く)
(6) 障害の状態がやんだとき(18歳に達した日以後の最初の3月31日までの間にあるときを除く)
(7) 20歳に達したとき
<父母、孫又は祖父母の場合>
(8) 被保険者であった者の死亡当時胎児であった子が出生したときに消滅する。
<支給停止>
(1) 被保険者または被保険者であった者の死亡について、労働基準法の規定による遺族補償が行われるときは、死亡日から6年間支給を停止される。
(2)夫、父母または祖父母に対する遺族厚生年金は、受給権者が60歳に達するまでの間、その支給が停止される。
(3) 子に対する遺族厚生年金は、妻が遺族厚生年金の受給権を有するときは、その間、支給を停止される。
(4) 妻に対する遺族厚生年金は、被保険者であった者の死亡について、妻に遺族基礎年金の受給権がなく、子に遺族基礎年金の受給権があるときは、その間支給を停止される。
(5)夫に対する遺族厚生年金は、子が遺族厚生年金の受給権を有する間、支給を停止される。
(6)遺族厚生年金の受給権者の所在が1年以上明らかでないときは、他の受給権者の申請により、その所在が明らかでなくなったときにさかのぼって支給を停止される。
本ページの記述は平成14年時点の法律に基づいています。現在の法律とは異なる場合があります。
WHAT"S NEW
  0000/00/00 お好きな文章を入力してください お好きな文章を入力してください 
  0000/00/00 お好きな文章を入力してください お好きな文章を入力してください 
  0000/00/00 お好きな文章を入力してください お好きな文章を入力してください 
  0000/00/00 お好きな文章を入力してください お好きな文章を入力してください 
  0000/00/00 お好きな文章を入力してください お好きな文章を入力してください 

〒733-0024
              広島市西区福島町1-6-48
              電話 082-295-7878
              FAX 082-295-7897
              メール お問い合わせよりお越しください。

     本体ホームペーシ゛ http://www.no-tenki.jp                                                            姉妹ホームペーシ゛1http://www.hiroshima-roumu.com/
        姉妹ホームペーシ゛2http://www.hirosima-roumu.com/
             バイト・パート情報のブログhttp://baitpato.blog.shinobi.jp/
        年金情報のブログ http://nenkin.bundori.blog.shinobi.jp/
        労働紛争情報のブログ http://rodoufunso.blog.shinobi.jp/
        労務管理のブログ http://notenkiroumu.blog.shinobi.jp/
        労働・社会保険裏情報http://notenkiura.blog.shinobi.jp/
        助成金のブログhttp://jyoseikin.blog.shinobi.jp/
        退職金のブログhttp://taisyokukin.blog.shinobi.jp/
        労働法のブログhttp://rodoho.blog.shinobi.jp/
        就業規則のブログhttp://syugyosaito.blog.shinobi.jp/
        労災解説のプログhttp://rosai.blog.shinobi.jp/
        給与改定のブログhttp://kyuyo.blog.shinobi.jp/
        派遣・請負適正化のブログhttp://hakenukeoi.blog.shinobi.jp/
        就職応援サイトhttp://syokusagasi.blog.shinobi.jp/
        求人対策サイトhttp://qjin.blog.shinobi.jp/


CopyRight(C) 年金分捕りサイトの広島市ふちかみ労務管理センター
AtelierAkira
Ads by Sitemix