障害年金診断書
年金請求の診断書は一般の医学的診断書とは違い、社会医学的な性格を持っています、つまり医療目的ではなく生活保障を図るために傷病の状態を知るための診断書になります。

診断書は傷病ごとでは無く、障害の種類によって8種類に分かれていて、下記の傷病名との組み合わせになります。

様式番号 診断書 主な傷病名
120号の1 白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症
120号の2 聴覚 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物障害による内耳障害
鼻腔機能 外傷性鼻疾患
咀嚼、嚥下機能
言語機能
咽頭摘出術後後遺症、上下顎欠損
120号の3 肢体 上肢または下肢の離断または切断障害、上肢または下肢の外傷性運動障害、脳卒中、脳軟化症、重症筋無力症、関節リュウマチ、ビュルガー症、脊椎損傷、進行性筋ジストロフィー
120号の4 精神 老年および初老期痴呆、その他老年性精神病、脳動脈硬化症に伴う精神病、アルコール精神病、頭蓋内感染に伴う精神病、統合失調症、そううつ病、てんかん性精神病、その他詳細不明の精神病
120号の5 呼吸器疾患 (結核性疾患じん肺を除く非結核性疾患・じん肺障害)用、
肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺繊維症
120号の
6−(1)
心疾患 慢性心包炎、リウマチ性心包炎、慣性虚血性心疾患、胃冠状動脈硬化症、狭心症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞
高血圧 悪性高血圧、高血圧性心疾患、高血圧性腎疾患、(ただし、脳溢血による運動障害は除く)
120号の
6−(2)
腎疾患 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全
肝疾患 肝硬変、多発性肝膿瘍、肝癌
糖尿病 糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症
120号の7 その他 悪性新生物(がん)や血液・造血、人工臓器などおよびその他の疾患

障害が複数ある場合(因果関係がある場合でも)、それぞれに診断書が必要です、例えば「糖尿病」により「糖尿病性網膜症」で目に障害もある場合、糖尿病と眼の診断書がそれぞれ必要です。

120号の3 肢体の障害用 表 120号の3 肢体の障害用 裏
120号の3 肢体の障害用

ここで注意が必要なのは請求のタイプになります、以下を参照して下さい。
請求の種類 必要な診断書と枚数 備考
障害認定日よる認定 障害認定日以降3ヶ月以内の現症を記載したもの1枚 請求日の属する月の翌月分から支給
障害認定日から1年以降に請求
(遡及請求)
障害認定日以降3ヶ月以内の現症を記したもの1枚と請求日以前3ヶ月以内の現在の症状を記載した診断書1枚の合計2枚 請求日の属する月の翌月分から、過去の遡及分をまとまて支給、ただし請求時より5年前までで、それ以前は時効
事後重症による請求 請求日以前3ヶ月以内の現在の症状を記載した診断書したもの1枚 請求日の属する月の翌月分から支給
「はじめて2級」による
請求
前発障害及び基準障害について、それぞれの裁定請求日以前3ヶ月以内の症状を記載した診断書各1枚、合計2枚 請求日の属する月の翌月分から支給

請求の種類によっては同一傷病で障害認定日と申請時の2枚の診断書が必要です、複数の障害で申請する場合もその傷病ごとに診断書が必要になります。

診断書は障害認定日、当時の診療を受けていた医師による作成が原則です、しかし、医師の転勤や退職などで、診断書作成を依頼できない場合があります、その場合、診断書の医師署名欄にある「上記のとおり、診断します」の欄を「上記のとおり、診療記録に記載されてあることを証明します」と訂正し、病院が管理している診療記録の証明書として後任の医師に依頼します。

カルテの保存期間は5年ですので、障害認定日の診療記録が無ければ当時の医師でも診断書を作成することは出来ません、この場合、初診を証明する書類を揃え「事後重症」での申請になり「遡及請求」出来ないことになります。

このことから、初診から期間が経つほど書類を揃える事が困難になります、障害年金の申請は可能な限り早い時期に請求する事が非常に大事です、思い立ったら吉日、受給資格が確認できたら労力、診断書料と大変ですが1日も早く裁定請求しましょう。


診断書の作成は医師に依頼することになりますが、各診断書には検査、計測数値の記載と、「日常生活動作の障害の程度」、「障害の状態」などの記載された項目に「出来る」「要援助」「出来ない」と○印と付ける項目、障害の所見を記入する項目があります。

ここで大事なことが医師とのコミュニケーションです、決して状態を悪く記載するように依頼するのではなく、状態を正しく記載してもらうためです、医師は傷病の状態は把握していても実際の日常生活を見ている訳ではありませんので事実と違う記載になることがあります。

その場で話しながら書いて頂く事がベストですが、なかなかそれは出来ませんので、自身、ご家族で診断書の項目を確認し、医師へ正確に日常生活の状態を伝えましょう、私の場合も「これはチョット違うなぁ」と感じる項目が幾つかありました、障害固定により現在主治医がいない場合は信頼できる医師探しから始めなければなりません。

診断書が出来たら次のことをチェックしましょう
診断書の作成年月日(この日から3ヶ月以内に請求しなければなりません)、医療機関の名称・所在地、診療担当科名、医師の氏名と捺印
受診者の住所、氏名、生年月日、性別
@〜H欄までの傷病名、初診時所見の記載等
「障害の状態(平成 年 月 日現在)」の日付
現症時の日常生活活動能力及び労働能力、予後の記載
不備等があれば医師に訂正を求めて下さい。
Ads by Sitemix